広島カープブログ

【広島カープ】下水流が左太もも裏痛め負傷交代・・・
 広島・下水流昂外野手(30)が23日の練習試合、日本ハム戦(コザしんきん)で左太もも裏を痛め、負傷交代した。6回1死から敵失で出塁し、二塁へ。続く西川の二塁打で一気にホームに生還した際に痛めた模様だ。  沖縄市内の病院に向かい、「左ハムストリング筋筋膜炎」と診断された。24日以降は患部の様子を見て判断する。
【広島カープ】若き選手が「打撃」をアピール!3番坂倉の活躍に注目
 広島は23日、日本ハムとの練習試合(コザしんきんスタジアム)に5-9で敗れたものの、若きクリーンナップが機能した。  広島は捕手登録の坂倉を「3番・左翼」でスタメン起用。期待の3年目は0-0で迎えた4回、無死二塁の場面で日本ハムの新外国人右腕・バーベイトから右前打を放ち、好機を無死一、三塁に広げた。「4番・右翼」鈴木は先制となる中前適時打を放
【広島カープ】ローレンス3回7失点で炎上・・・
◆練習試合 広島―日本ハム(23日・コザしんきんスタジアム)  広島の新助っ人、ケーシー・ローレンス投手(31)=マリナーズ=が6回から4番手でマウンドに上がり、3回を8安打7失点と大炎上した。  6回に先頭・王に右中間三塁打を浴びると、1死から横尾に2ランを被弾。7、8回も失点を重ね「あま
【広島カープ】早くも実現!長野と内海の真剣勝負
早くも実現!? 広島長野久義外野手(34)と昨年まで巨人でチームメートだった西武内海哲也投手(36)が3月2日のオープン戦(佐賀)で対戦する可能性が出てきた。22日に西武内海の先発が明らかとなり、高ヘッドコーチも長野の出場に太鼓判を押した。自身は控えめなコメントも、元巨人同士の初対戦に周囲の注目は高まっている。   ◇  
【広島カープ】山田コーチの指導の下で堂林が行った練習とは
<カープ観測> 日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。    ◇   ◇   ◇ 堂林翔太内野手が山田内野守備走塁コーチとマンツーマンでスローイン
【広島カープ】長野効果?更に明るくなったカープの雰囲気
 広島・菊池涼介内野手(28)が22日、沖縄市のコザしんきんスタジアムでの全体練習後に代表取材に応じた。ニューリーダーとして期待のかかる菊池はここまでのキャンプについて、「去年よりも全体的に明るいですね。長野さんも入って和気あいあいとしていると思います」と振り返った。  オフに精神的支柱の新井貴浩氏(42)が現役引退、主砲の丸佳浩外野手(29)
【広島カープ】佐々岡コーチ,薮田に厳しい判断を下す
広島佐々岡真司投手コーチは薮田和樹投手の強制送還を決めた。 21日阪神戦で押し出し四球を与えるなど制球を乱した右腕を23日に、2軍のキャンプ地日南へ送る。 2次キャンプも残り4日。すでに登板予定のない投手もいる中での降格は非情ともいえるが、佐々岡投手コーチは「彼だけでなく周りにも厳しく。みんなが
【広島カープ】中崎,今日の対外試合で試運転するものとは
23日に対外試合初登板を予定する広島の守護神中崎翔太投手が習得中のフォークを試す。 22日ブルペンで計41球中、握り方を確認しながら13球フォークを多投。「まだ一定ではないので、一定にできればと思う」。大瀬良や岡田に助言を求めるなど精力的に習得を目指しているが、まだ途上。まずは日本ハム打線相手に試運転だ。
【広島カープ】赤ヘル新旧軍団が大暴れ?
18日、赤ヘル軍団の侍達が大暴れ。侍ジャパンに初選出の広島・野間峻祥投手(26)は今シーズン最初の対外試合に先発出場。 第1打席、サードへの強烈な一打でいきなり出塁すると、続く第2打席はセンター返し。その後も勢いが止まらない野間は3打数3安打。侍ジャパンに選ばれたその実力を見せつけた。 試合
【広島カープ】今年のカープはタナキクチョー?
<練習試合:広島8-0韓国KIA>◇18日◇沖縄・コザしんきんスタジアム 「タナキクチョー」が始動した。巨人から加入した広島長野久義外野手(34)が、チーム今季初の対外試合でいきなり初安打を放った。 韓国・KIA戦で、看板コンビ田中広、菊池涼に続
【広島カープ】下水流レギュラー獲得の為に!アピールが続く日々
 丸が抜けた外野の一角を狙う広島・下水流が猛烈デモだ。17日、沖縄2次キャンプで行われたシート打撃で、コザしんきんスタジアムの左翼芝生席へ、実戦形式での“今春”2号。自慢の飛距離をアピールし、首脳陣をうならせた。  「うまく回ることができた。去年はそんなに打ち返せていないと思うのでよかった」
【広島カープ】東出コーチも証言,今年の誠也は大活躍の予感
<練習試合:広島8-0韓国KIA>◇18日◇沖縄・コザしんきんスタジアム 広島鈴木誠也外野手がKIA戦でチーム1号を放った。 4番右翼で先発。1回1死一、二塁でカウント2-2と追い込まれながら、右腕ハン・スンヒョクの直球を右翼席に運んだ。「打席的にもあんまりいい内容じゃなかった」と話したが、東出
【広島カープ】スコアには出ない強さ.カープの4番の練習への姿勢
<カープ観測 18日> 日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。    ◇   ◇   ◇ 広島の強さは8-0のスコア以上に室内練習場から見て取れた
【広島カープ】生き残りにかけて堂林,好機を生かせ
 ◇練習試合 広島―ロッテ(降雨中止)(2019年2月19日 コザしんきん)  広島の沖縄2次キャンプは21日から最終クールに突入。堂林翔太内野手(27)は、1軍生き残りと定位置奪取への可能性を求め、沖縄でのラスト対外4試合に挑む。3年ぶりのサード再挑戦で注目を集める今春。先行する最右翼の安部はインフルエンザのため療養中。打って守って従来の固定
【広島カープ】カープ優良助っ人が大事にする哲学
広島エリック・シュールストロム駐米スカウト(49)は、03年に現職に就いてから毎年のように有望選手を広島に送り込んできた。今季はケーシー・ローレンス投手(31=マリナーズ)とカイル・レグナルト投手(30=メッツ3A)を獲得。そのスカウト哲学と、2人にかける期待を聞いた。【取材・構成=村野森】 【写真】豆まきを楽しむ広島の新外国人ローレンスと鬼のよう
【広島カープ】小園が凄いと思ったカープの選手たち
 広島のドラフト1位・小園海斗内野手が17日、沖縄の1軍キャンプに合流した。16日に卒業式が行われたため、日南での一次キャンプを打ち上げた後に一旦帰郷。式を終えて同日夜に沖縄入りした。地元に帰り、英気を養ってきた黄金ルーキーのプロ野球選手としての日々が、いよいよ本格的にスタートする。  束の間ではあったが、地元・兵庫県宝塚
【広島カープ】備えあれば・・・西川キャンプで7つのポジションを守る
<カープ観測 17日> 日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。    ◇   ◇   ◇ 西川龍馬内野手(24)はこの日のシートノック、シート打撃で中堅、右翼、二塁を守った
【広島カープ】まるでかつての前田のよう,誠也の言葉にファンも賞賛
<練習試合:広島8-0韓国KIA>◇18日◇沖縄・コザしんきんスタジアム 広島鈴木誠也外野手(24)が18日、初の対外試合となったKIAとの練習試合(コザしんきんスタジアム)でチーム1号を放った。 4番右翼で先発。1回、1番田中広から菊池涼、長野と続く打線で1死一、二塁の好機で登場。カウント2-2から右腕ハン・スンヒョクの直球を右翼スタンドにた
【広島カープ】ニッポン放送が取材,長野のエピソードを取り上げる
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、1月にFAの人的補償で緊急移籍。新天地・広島の春季キャンプに参加している、長野久義選手のエピソードを取り上げる。
【広島カープ】これも何かの縁?福井,新天地での初登板はカープ戦になる予定
<練習試合:楽天-ロッテ>◇17日◇沖縄・金武 楽天福井優也投手(31)が体調不良で先発を見送った。 広島からトレード移籍で加入し、新天地初登板を予定していたが、試合前に伊藤1軍投手チーフコーチが「体調の問題でキャンセルになりました」と説明。代わって浜矢が先発する。 &
【広島カープ】キャンプで感じた,監督が評価した選手達とは
 広島は19日、春季キャンプ第4クール最終日。緒方監督が同クールを総括し、新人野手2人の名前をあげて再評価した。  「小園はいいものを見せてくれている。正随も面白い選手だなと思った」  ドラフト1位の小園(報徳学園)は、18日の韓国KIAとの練習試合で対外試合デビュー。3打数無安打に終わった
【広島カープ】堂林,18日の練習試合で結果を残す!!
 「練習試合、広島-KIA」(18日、コザしんきんスタジアム)  広島・堂林翔太内野手が2ランを放った。5点リードの五回、無死一塁からバックスクリーンへ突き刺した。  この試合は安部がスタメン予定だったが、インフルエンザ発症のため欠場。代わって「6番・三塁」で出場した堂林がチャンスをモノにし
【広島カープ】後輩誠也にもアドバイスを・・・プリンス堂林10年目の決意
 「広島春季キャンプ」(15日、沖縄)  生き抜くために、年齢など度外視だ。広島・堂林翔太内野手(27)が15日、後輩の鈴木誠也外野手(24)に打撃の教えを請うた。全体練習終了後の室内練習場で打撃のコツや力の入れどころなどの疑問点をぶつけ、今後も継続していく考えだ。今キャンプでは三塁に再挑戦。沖縄2次キャンプは実戦漬けの予定で、なりふり構わずレ
【広島カープ】藤原対小園!黄金ルーキーの対決は次回に持ち越し
 19日に沖縄市の「コザしんきんスタジアム」で行われる予定だった広島とロッテの練習試合は試合開始直前に降り出した大雨により、雨天中止となった。ロッテの藤原恭大外野手が「1番・中堅」で、広島の長野久義外野手が「3番・DH」で出場予定だったが、場内でスタメンが発表された直後から大雨が降り出し、グラウンドは水浸しに。試合開始時間を待たずに中止が決まった。
【広島カープ】長野の赤いユニホームを見た元阪神の掛布氏は・・・
 長野が沖縄キャンプを視察した阪神・掛布オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)にエールを送られた。  「悔しい思いをして(巨人から)こっちに来たはず。でも赤いユニホームが意外と似合っていたね。いい顔で溶け込んでいたよ」。これで掛布SEAはセ全球団のチェックを完了。「セは弱いチームがどこもない。ただ投手層の厚さは阪神がNO1じゃ
【広島カープ】三人目も確認・・・カープ選手に感染するインフルエンザの脅威
 「練習試合、広島-KIA」(18日、コザしんきんスタジアム)  広島・安部友裕内野手がインフルエンザに感染したため、練習を欠席した。インフルエンザ感染は庄司、山口に続きチーム3人目となった。  「6番・三塁」で先発予定だった今年初の対外試合、韓国・KIA戦には、代わりに堂林が入る。
【広島カープ】長野が激白,カープ入団で注目を集める今に感じる事
広島長野久義外野手(34)が12日、シート打撃で“赤ヘル初安打”を放った。記念球を手に笑顔でポーズ決めた男を初めて取材したのは、巨人入団2年目のオフだった。12年1月のグアム自主トレ。それから7年が経過した。長野の現在地とは-。今を探訪し、観察と洞察、時間と空間を共有して、真意に迫った。【取材・為田聡史】    ◇   ◇ 
【広島カープ】若手主体の侍ジャパンメンバー発表,カープからはあの選手が
 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9、10日に行う強化試合メキシコ戦のメンバー28人を発表。日本ハム・清宮幸太郎内野手、ヤクルト・村上宗隆内野手、オリックス山本由伸投手ら11選手が初選出となるなどフレッシュな顔ぶれが集まった。  シーズン開幕2週間前で調整が難しい中で行わ
【広島カープ】カープ田中更に進化へ!きっかけは西武秋山?
 「広島紅白戦、紅組4-1白組」(16日、コザしんきんスタジアム)  広島・田中広輔内野手(29)が16日、紅白戦に紅組の「1番・遊撃」で出場し、2打数1安打1四球をマークした。昨年の日米野球で西武・秋山に打撃理論を聞き、左肩が突っ込み過ぎないスイングをキャンプでも実行中。紅白戦前のシート打撃では逆方向へ鋭い打球を放つなど、自身初の3割へ着々と
【広島カープ】里崎氏がラジオで絶賛!カープの期待の若手選手とは
 ニッポン放送ショウアップナイター解説者の里崎智也氏は、16日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』で、イチオシの選手に広島の坂倉将吾の名前を挙げた。  坂倉は日大三高から2016年ドラフト4位で広島に入団。1年目の17年に二軍で打率.298をマークし、同年の9月30日には一軍でプロ初安打を記録するなど、打撃が魅力的な
【広島カープ】佐々岡コーチが九里にかけた助言とは
 「広島紅白戦、紅組4-1白組」(16日、コザしんきんスタジアム)  広島・佐々岡真司投手コーチが紅白戦で、1軍投手コーチ就任後初めて試合中のマウンドへ向かった。  白組の九里がマウンドに上がった四回。2死一、二塁で上本に2点適時三塁打を浴びると、続く船越には四球を与え2死一、三塁。ここで佐々岡
【広島カープ】佐々岡コーチも絶賛!ドラ2島内は即戦力で使えるぞ
<広島紅白戦:紅組-白組>◇16日◇沖縄・コザしんきんスタジアム 広島ドラフト2位の先発候補、島内颯太郎投手(22=九州共立大)が開幕1軍に前進した。紅白戦で紅組の2番手として2イニングを完全投球。最速145キロの直球に変化球を交え、野間、菊池涼、バティスタ、松山、会沢、坂倉の一線級を封じ込めた。
【広島カープ】10年目になる堂林,今年にかける思いとは
 レギュラー再奪取を狙う10年目・堂林が紅白戦(五回制)に7番・三塁手として出場し、岡田から適時打を放った。二回2死三塁での初打席で3球目の内角低めの直球を左前へ引っ張り、「自分のスイングができた」と手応えを口にした。3年目の2012年に三塁手として144試合にフル出場して14本塁打を放ったが、近年は打撃低調で守備固めなどが主な役割で、昨季も出場は63試合だけ。外野手に挑戦したものの芽は出ず、今季
【広島カープ】長野,移籍後初マルチ安打!!
 「広島春季キャンプ」(17日、コザ)  巨人から新加入した長野久義外野手がシート打撃で移籍後初のマルチ安打を記録した。1打席目は野村の前に三ゴロに打ち取られたが、2打席目に一岡から左前打を放つと、3打席目は左腕飯田から右翼線へ運んだ。  前日16日の紅白戦は3打数無安打だったが、温暖な2次
【広島カープ】小園,チーム再合流後で結果を残す
 「広島春季キャンプ」(17日、コザ)  ドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園)がチームに再合流し、シート打撃でいきなり快音を響かせた。藤井皓から右前打を放つと、すかさず二盗を決めた。  高校の卒業式に出席するため、日南キャンプを打ち上げた13日にチームを離れ、前日の16日に沖縄に
【広島カープ】大瀬良,順調な仕上がりをアピール
 ◇広島・春季キャンプ(2019年2月17日)  広島・大瀬良大地投手(27)は17日、2次キャンプ地の沖縄で初めてシート打撃に登板し、打者6人をわずか19球で無安打、1奪三振、1与四球に封じた。  3アウト制の2イニングを想定しての登板。2イニング目が圧巻だった。会沢を1ボール1ストライク
【広島カープ】元中日広島・ルナの思い出
【広島カープ】広島東洋カープ長野が今年残しそうな成績
【広島カープ】キクキク対決実現!その結果は
 広島の菊池保則投手(29)が16日、沖縄キャンプで楽天から移籍後初となる実戦形式の練習で登板。シート打撃で菊池涼介内野手(28)との同姓対決が実現し、1安打1四球と貫禄を見せつけられた。  保則の記念すべき広島での実戦初対決は涼介が相手だった。カウント1ストライクから高めの甘い直球を右翼線に運ばれる二塁打を献上。“キクキク対決”は保則の完敗で
【広島カープ】カープ2選手がインフルエンザに感染・・・
 「広島春季キャンプ」(16日、沖縄)  広島は16日、庄司隼人内野手と山口翔投手が「インフルエンザA型」に感染したと発表した。  2人はこの日の練習を回避。沖縄市内の病院で診察を受けていた。
【広島カープ】ジャクソン2019年の契約先が決まる
 昨季まで広島でプレーしたジェイ・ジャクソン投手がブルワーズとマイナー契約を交わしたと球団が発表した。米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーモアズ」が伝えている。  ジャクソンは2015年にメジャーデビューし、2016年からは広島でプレー。セットアッパーとして3シーズンで通算175試合に登板し、10勝8敗2セーブ92
【広島カープ】長野の新天地で見せた高度な技術にコーチも賞賛
 巨人から新加入した長野久義外野手が新天地・広島で上々のスタートを切った。第2クールの最終日7日には今キャンプ初めて現役の投手と対戦。野村の初球直球をいきなり右中間へはじき返した。  長野と同じ佐賀出身の迎打撃コーチは「初球を捉えるのは簡単そうに見えて難しい。打撃技術の高さを見せてくれた」と舌を巻き
【広島カープ】一岡が長野にアドバイス?同じ移籍の経緯を辿った二人
 広島・長野久義外野手(34)が宮崎・日南キャンプの第2クールを無事に終えた。7日のフリー打撃では移籍後初めて現役投手と対戦。その中の一人が同じく巨人から2013年オフに人的補償で入団した一岡竜司投手(28)だった。今ではコイ投ブルペンに欠かせない存在へと成長した右腕は野球人生の転機をどう受け止め、糧としたのか…。一岡の言葉から、長野成功のヒントを探る。
【広島カープ】ファンからは大きな拍手,長野のカープでの日々
広島長野久義外野手(34)が12日、“赤ヘル初安打”を放った。シート打撃でジョンソンと対戦。1ボールから外角球をたたいた打球は右翼のドラフト6位正随優弥外野手(22=亜大)の前にポトリと落ち、実戦形式6打席目で初安打となった。マウンドのジョンソンの下に駆け寄り“記念球”をもらうと、拍手を送る観客に向けて右手を挙げて応えた。
【広島カープ】小園の適応力に大瀬良も驚く
広島ドラフト1位小園海斗内野手(18=報徳学園)が、チームの大黒柱大瀬良から“プロ初安打”を放った。 シート打撃初対戦の右腕に追い込まれるも、外角から中に入る5球目カットボールにうまくバットを合わせて中前に運んだ。「永遠のライバル」という藤原よりも早い初安打に「絶対に先に打とうと思っていた」と素直に喜んだ。
【広島カープ】カープの長野に直撃!チームメイトの誠也を絶賛!
 FAの人的補償で巨人から移籍した広島・長野久義外野手(34)を巡る日南キャンプの“赤い熱気”は、北へ約40キロ離れた巨人の宮崎キャンプまで届いている。フィーバーぶりをこの目で確かめるべく、昨季までの担当記者が“時の人”を直撃した。(笹森倫)  巨人が休養日の6日、“チョーさん詣で”を企てた巨人番記者は夕刊フジだけではなかった。さらに巨人の球団
【広島カープ】達川さん,坂倉を圧倒!余りの速射砲に返す言葉見つからず
 広島・坂倉将吾捕手(20)が大先輩に圧倒された。9日、広島の元監督で昨季までソフトバンクのヘッドコーチを務めた達川光男氏(63)が宮崎・日南キャンプを訪問。速射砲のように賛辞と苦言をまくしたてられ、返す言葉を失った。  坂倉がフリー打撃で快音を響かせ、意気揚々とダッグアウトに引き返すと、1980年代に名捕手として鳴らした達川氏につかまった。&
【広島カープ】長野,サッカー界のレジェンドと合体する
 赤ヘルのニューヒーローがサッカー界のレジェンドと夢の合体だ。広島・長野久義外野手(34)が休養日の8日、同じ宮崎・日南市内でキャンプを行うJ2横浜FCをお忍び訪問。少年時代から憧れる“キング”ことFW三浦知良(51)との対面に大ハシャギした。  球春をにぎわす男はこの日、サッカー場にいた。横浜FCの練習終わりを見届けると、カズの手招きに応じてグラウンドへ飛び出し、緊張の
【広島カープ】解説者1年目の新井さんが行く!オリックスキャンプ編
 【新井さんが行く オリックス編】スポニチ本紙評論家の新井貴浩氏(42)がキャンプ地を巡る「新井さんが行く!!」はオリックス編。西村徳文監督(59)のもと、若手中心で生まれ変わろうとしている現状に注目を寄せた。  西村監督とは共通の知人がいて以前から、お話しする機会が度々あった。対話をすごく大切にする印象がある。若い選手が多いオリックスにはフィ
【広島カープ】達川さん,新井さんの仕事っぷりに心配する
 広島OBの達川光男氏(63)が11日、宮崎・日南市の天福球場にテレビ解説のため、古巣のキャンプ地を訪問。広島では1軍監督を務め、阪神、中日、ソフトバンクでもコーチ経験のある達川氏は「新井はどうしとるんや」と昨季引退した新井貴浩氏(42)の仕事っぷりを気にしつつも、「そういえば本を出すけどな。カープ力という本。高校野球を含めてのカープの本や。開幕前に発売する」と発表した。