広島カープブログ

【広島カープ】會澤「1戦1戦チーム一丸で優勝に向かって頑張っていきます」
 ◇セ・リーグ 広島5―0中日(2019年4月24日 マツダ)  広島は攻守に渡ってバッテリーがチームをけん引し、7連勝した昨年8、9月以来となる6連勝をマーク。16日に最大8まで膨らんだ借金を早くも2に減らした。  「6番・捕手」の会沢が2回に左越え2号ソロを放って先制すると、この回「9番
【広島カープ】欠場の4番の為にも・・・
<広島5-0中日>◇24日◇マツダスタジアム 主砲不在の重い空気をもバットではねのけた。3回だ。広島長野久義外野手に待望の移籍後初の本拠地弾が飛び出した。 中日先発山井の外角球をたたいて、右翼ポール際に放り込んだ。試合中には「いい風に乗ってくれましたね」と談話を出したが、無風だった。試合後「こん
【広島カープ】迎コーチも注目,長野の調子は復調気味
 「広島5-0中日」(24日、マツダスタジアム)  広島・迎打撃コーチが長野の一発を絶賛。3点リードの三回、右方向へ運んだ2号ソロについて「しっかり振れていないと、逆方向へ飛距離は出ない」と説明。「スイング、投手との間合い」に復調を感じた様子だ。
【広島カープ】中日山井を一発攻勢で攻略!野村,好調中日打線を抑え,カープ6連続勝利
 ◇セ・リーグ 広島5―0中日(2019年4月24日 マツダ)  広島が野村の7回無失点好投と序盤の一発攻勢で中日に5―0で完勝し、7連勝した昨年8、9月以来となる6連勝をマーク。今季10勝に到達し、12日に最大7まで膨らんだ借金を2週間足らずで2まで減らした。2連敗を喫した中日は最大3つまで増やした貯金が1となった。
【広島カープ】大魔神が辛口批評も・・・鈴木誠也のバッティング
 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、広島の4番・鈴木誠也の第2打席に苦言を呈した。  0-2の3回、菊池涼介の第2号ソロで1点を還し、一死走者なしで鈴木の第2打席を迎えた。立ち上がりから制球に苦しむ巨人先発・高橋優貴に対し、鈴木は3ボール0ストライクとする。しかし、4球目のボール気
【広島カープ】合格点!プロ初先発でアドゥワ誠,結果を出す
<広島-中日>◇23日◇マツダスタジアム 広島で1軍登録最年少のアドゥワ誠投手(20)がチームの窮地を救った。 プロ初先発で7回をソロ2本による2失点に抑え、先発の役割を十分に果たした。 先発デビューの1回初球を中日
【広島カープ】目立つ「丸ロス」広がった“選球眼の穴”とは
 セ・リーグ3連覇中の広島が4勝11敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。広島担当の田中昌宏記者は、巨人にFA移籍した2年連続リーグMVP・丸の“選球眼の穴”を「見た」。  結論。丸が去ったから。  広島の
【広島カープ】衣笠さんの命日でカープ勝利を掴む
<広島3-2中日>◇23日◇マツダスタジアム 広島が主砲不在の危機をチーム一丸で乗り越えた。 4番鈴木誠也外野手(24)がコンディション不良のため、今季初欠場。打線の軸を欠いたが、9回に小窪哲也内野手(34)がサヨナラ打。昨年4月23日に死去したOB衣笠祥雄氏(享年71)の一周忌に5連勝を飾り、
【広島カープ】サヨナラ打を打った!小窪「みんなで我慢して勝った」
 「広島3-2中日」(23日、マツダスタジアム)  雨のなか、声援を送り続けたカープファンが歓喜に酔いしれた。九回、2死満塁。小窪がしぶとく右前に落とす、劇的なサヨナラ打。上昇気流に乗ったチームは、5連勝を飾った。  4番・鈴木がコンディション不
【広島カープ】小窪が決めた!カープ5連続勝利!!
 ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年4月23日 マツダ)  広島が今季2度目のサヨナラ勝ちで中日を下し、5連勝を飾った。  1点リードされた初回に長野の中犠飛で追いつくと、2回には今季初スタメンの磯村が左越えに勝ち越し1号ソロを放った。5回に同点とされたが、9回2死満塁から小窪が二塁手
【広島カープ】カープ復調気味?元ヤクルトコーチ野口氏が見たカープ
 広島は2019年4月21日、マツダスタジアムでDeNAと対戦し、7-4で勝利した。1回、先頭・田中広輔内野手(29)が中前で出塁すると、3番・野間峻祥外野手(26)から4連続安打と押し出しで4点を先制。2回までに6点の援護を受けた先発クリス・ジョンソン(34)は、5回1失点の投球で今季初勝利を挙げ、チームは今季初の4連勝を飾り最下位を脱出した。
【広島カープ】平成最後の月間MVPは誰の手に
セ、パ両リーグは22日、平成最後の3、4月度「大樹生命月間MVP」候補選手を発表した。 セ・リーグは投手が今永昇太(DeNA)西勇輝(阪神)菅野智之(巨人)原樹理(ヤクルト)床田寛樹(広島)メルセデス(巨人)山口俊(巨人)柳裕也(中日)笠原祥太郎(中日)五十嵐亮太(ヤクルト)の10人。
【広島カープ】それ行け!カープの作詞家,有馬さんが亡くなる
広島カープの応援歌「それ行け!カープ」の歌詞をてがけた作詞家の有馬三恵子さんが亡くなっていたことがわかりました。83歳でした。 作詞家の有馬さんは、歌手の南沙織さんが歌い、その後、森高千里さんがカバーした「17歳」などの歌詞を手掛け、1975年に発表した「それ行け!カープ」は、今もカープの応援歌として歌い継がれています。
【広島カープ】アドゥワ誠,ついに先発としてプロデビュー
広島アドゥワ誠投手が23日中日戦でプロ初先発する。 昨年は1年間1軍の中継ぎとして53試合で6勝2敗、5ホールドをマーク。日本シリーズのマウンドにも立った。今年から先発に挑戦。1軍で中継ぎ2試合登板をへて、まっさらなマウンドに上がる。 「やることは変わらないんで。1イニング、1イニングしっかり投げ
【広島カープ】バティスタ「帰る前にホームランを打ててよかった」
■広島 7-4 DeNA(21日・マツダスタジアム)  広島のバティスタが21日のDeNA戦で、今季初本塁打を含む3安打4打点と活躍し、今季初めてお立ち台に立った。バティスタは初回に1死満塁から、追加点となるタイムリーを放つと、続く2回には2死満塁の場面でセンターへ2点タイムリー、7回にはダメ押し点となる今季1号本塁打を放った。
【広島カープ】DAZNの放送問題,カープとヤクルトは難しい模様
 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、3月29日に開幕したプロ野球2019年シーズンから国内最大級チーム「読売ジャイアンツ(巨人)」のホーム試合を配信することになった。ファンの多い球団を獲得したことで会員増に期待する一方、「東京ヤクルトスワローズ(ヤクルト)」「広島東洋カープ(カープ)」の放映権を取ることができなかった。しかし、「すべての野球ファンに楽しんでもらいたい」という思いは変わ
【広島カープ】ジョンソンの状態が心配?広瀬叔功の見解
<広島7-4DeNA>◇21日◇マツダスタジアム 広島先発ジョンソンが5回4安打1失点で今季初勝利を挙げた。DeNA打線が早打ちであることを序盤に察知し、ファーストストライクから厳しいところを突いたのが勝因。序盤は際どいコースに投げる制球があり、球威もあった。 ただし、こ
【広島カープ】ホークス和田からホームラン!2軍で鍛錬中の小園の今
 広島のドラフト1位ルーキー小園海斗内野手が、公式戦初ホームランを放った。17日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグのソフトバンク戦。3回の第2打席で右翼へアーチをかけた。  初回にメヒアが先発の和田から2ランを放ち先制した広島。2点リードの3回、先頭で打席に入った小園が快音を響かせた。和田が投じた
【広島カープ】広島・堂林.2軍で貫禄の違いを見せる
 プロ野球のファームは20日、交流戦を含めてイースタン、ウエスタンで計6試合が行われた。  日本ハムはヤクルト戦(戸田)に延長10回、4―3で勝利。ドラフト4位・万波が8回に同点の3号2ラン。延長10回に郡が決勝二塁打を放った。先発・中村は5回3安打無失点。ドラフト3位・生田目が4番手で1回無安打無失点だった。ヤクルト先発のドラフト1位・清水は
【広島カープ】ラミレス監督の戦術を粉砕.カープが少しずつ復調してきた
 ○広島7―4DeNA●(21日・マツダスタジアム)  上昇気流に乗った赤ヘル打線は、相手の付け焼き刃の戦術をものともしなかった。救援投手が先発して短いイニングを抑えて継投する「オープナー」戦術を粉砕した。  救援で最速161キロを記録したDeNA先発右腕・国吉に対し、一回に先頭の田中広が「
【広島カープ】ビリ脱出,緒方監督が評価したものとは
■広島 7-4 DeNA(21日・マツダスタジアム)  広島は21日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に7-4で勝利し、4連勝となった。初回から打線がつながり、4連打と押し出し四球で4点を先制し、2回にも2点を追加して6対0として試合の大勢が決した。先発のジョンソンが5回1失点で今季初勝利。リリーフ陣が終盤に失点したが、序盤の大量点で危なげ
【広島カープ】カープ今季初の4連続勝利!ジョンソン嬉しい今シーズン初勝利
 「広島7-4DeNA」(21日、マツダスタジアム)  息を吹き返した王者・広島が今季初の4連勝をマーク。同率5位で並んでいた阪神がこの日敗れたため、最下位を脱出した。  先発した国吉を攻め、1死二、三塁から鈴木が先制の左前適時打。さらに西川の左
【広島カープ】復調の予感?田中広輔の嬉しい活躍
<広島9-2DeNA>◇20日◇マツダスタジアム 苦しんできた広島田中広輔内野手が、今季初の3連勝をもたらした。4回、1点加え、なお2死満塁の場面で会心の2点打。井納のカーブを引きつけ、執念で中前にはじき返した。これが、23打席ぶりの安打。そして、今季83打席目で初のタイムリー。「気分的にはいいですけど、まだまだなんで」。菊池涼介、バティスタが
【広島カープ】會澤嬉しい,記念Tシャツが発売!!
 広島は19日のDeNA戦でサヨナラ打を放った会沢翼捕手の記念Tシャツを発売すると20日、発表した。  同点の延長十回1死満塁で中越えの劇的な一打をマーク。Tシャツ前面には、お立ち台で「1試合も諦めていません。必ず巻き返します」と答えた言葉をモチーフに、大きな翼で勝利に向かって羽ばたく姿がデザインさ
【広島カープ】広島3連続勝利も,緒方監督の心配事
■広島 9-2 DeNA(20日・マツダスタジアム)  広島は20日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に9-2で快勝し、今季初の3連勝を飾った。先発の床田が7回1失点の好投で3勝目。打線は4回に一挙6点のビッグイニングを作った。  緒方監督は「床田が前回同様、初回から
【広島カープ】松山,危険球を受けて・・・
 広島・松山竜平外野手(33)が20日、八回に代打で登場した打席で頭部死球を受けて途中交代した。ゴツンッ!! 硬式球とヘルメットが激しく衝突した鈍い音が響き渡ると、3万人以上が入ったマツダスタジアムが静まり返った。  問題のシーンは7-2の八回1死三塁。一岡に代わって打席に立った松山だが、平田の初球146キロがいきなり頭部右側に直撃すると、その
【広島カープ】床田好投!カープ,今季初のカード勝ち越しを決める!
 「広島9-2DeNA」(20日、マツダスタジアム)  広島が3連勝。今季初のカード勝ち越しを決めた。借金5で最下位にいることは変わらないものの、阪神に並び5位タイとなった。  打線が爆発した。三回、田中広今季初打点となる先制犠飛。四回は安部の適時二塁打。さらに、2死満塁
【広島カープ】問われる審判の質,カープファンも納得のいかなかった判定
■広島 2-1 DeNA(19日・マツダスタジアム)  19日、マツダスタジアムで行われた広島対DeNA戦。延長戦にもつれ込む接戦は延長10回、1死満塁で會澤がサヨナラ適時打を放ち、広島が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。  この試合で、決着の時にマウ
【広島カープ】會澤「選手たちは一試合も諦めていない」
◆広島2×―1DeNA(19日・マツダスタジアム)  広島が劇的なサヨナラ勝利で今季初の連勝を飾った。1点ビハインドの8回に代打・西川の適時打で追いつくと、延長10回1死満塁から、選手会長の会沢が右中間を破るサヨナラ打を放った。  借金を6まで減らした。5位・阪神とも1ゲーム差とし、最下位脱
【広島カープ】カープ,今季初の連続勝利!!!!會澤が決めた
■広島 2-1 DeNA(19日・マツダスタジアム)  広島が劇的なサヨナラ勝ちで今季初の連勝を飾った。19日、本拠地マツダスタジアムでのDeNA戦。1点ビハインドの8回に西川が起死回生の同点適時打を放ち試合を振り出しに戻すと、延長10回に會澤がサヨナラ打を放ち、接戦に終止符を打った。  先
【広島カープ】井端氏が見た,ビリのカープ
 15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した井端弘和氏が、広島について言及した。  リーグ4連覇を目指す広島は、開幕から5カード連続負け越し。ここまで投打が噛み合わず、4勝11敗の最下位に沈む。16日から広島は、3位・巨人と2連戦だ。巨人とは開幕カードで対戦し、開幕戦こそ勝利したが、連敗で1勝2敗と負け越した。
【広島カープ】中日OBの山崎氏が熱弁,カープは上がってくる?
 開幕してから約3週間が経過したプロ野球。セ・リーグではヤクルトとDeNA、巨人が首位を争う。その一方で昨季まで3連覇中の広島が5カード連続でカード負け越しとなり、大きく出遅れる波乱が起きている。パ・リーグは昨季2年連続日本一に輝いたソフトバンクが怪我人を多く抱えながらも首位に立ち、楽天、日本ハム、西武が追う展開となっている。
【広島カープ】川相氏も心配,不振の長野にエール
 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、広島・長野久義にエールを送った。  長野は昨季まで巨人でプレーしていたが、今季からFAで巨人へ移籍した丸佳浩の人的補償として広島へ移籍。毎年スロースタート気味の長野は今季もここまで、打率.167と状態が上がってこない。 &
【広島カープ】大丈夫?緒方監督にささやかれる心配事
 リーグ最下位の広島が2019年4月16日、鹿児島・平和リース球場で巨人と対戦し2-8と大敗した。広島の先発クリス・ジョンソン投手(34)の立ち上がりが安定せず、2回までに4失点。中継ぎ陣も踏ん張れず、巨人打線に計10安打を許して大量8点を奪われた。これで借金は「8」にふくらみ、1位ヤクルトとは7ゲーム差に。巨人との2連戦の初戦を落としたことで、開幕から6カード連続で勝ち越しなしが決まった。&lt
【広島カープ】苦戦が続く広島カープ,何故?川相氏が見たものとは
 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、広島について言及した。  2年連続MVPを獲得した丸佳浩が今オフ、FA宣言して巨人へ移籍し、チームの精神的支柱だった新井貴浩が現役引退した影響が大きいのか、広島はここまで4勝12敗の最下位に沈む。
【広島カープ】12球団の新・助っ人達の現状を振り返る
 シーズンの開幕にあたっては各球団がそれぞれに入念な準備をして臨むが、現有戦力の底上げだけでは劇的なチーム強化は困難だ。一気にチーム力を左右する可能性が大きいのは、やはり新外国人選手の力となる。  プロ野球は開幕から5カードを終え、各球団の対戦が一巡したところ。ここで一度、今季から加わった新外国人のここまでの一軍成績を振り返ってみたい。まずはセ
【広島カープ】元広島OB川口氏,今のカープに提言を申す
 どうすれば強いカープが帰ってくるのか――。広島は12日のDeNA戦(横浜)で相手先発の今永に1安打完封を許し、0―6で5連敗。3連覇王者が両リーグ最速で10敗目に到達した。緒方孝市監督(50)は不振の田中を8番に下げ、野間を1番に据えるなど大幅な打線改造を断行。だが、苦心の新打線は絶好調の左腕に手も足も出ず、頼みのエース大瀬良も6回9安打4失点と踏ん張れなかった。 &l
【広島カープ】16日の試合,勝敗をわけた安部の判断に川相氏も・・・
○ 巨人 8 - 2 広島 ● <4回戦・鹿児島>  16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、2回の広島・安部友裕の守備について言及した。  川相氏が指摘したのは、2回一死満塁から丸佳浩の三ゴロを捕球した場面。
【広島カープ】ドン底カープ,今日の勝利をきっかけになればいいが・・・
● 巨人 4 - 5 広島 ○ <5回戦・熊本>  広島が今季2度目の逆転勝利で巨人に5-4で勝利した。  2点を追う9回、広島は巨人の守護神・クックに襲い掛かる。先頭の野間峻祥、続く安部友裕の連打で好機を広げると、西川龍馬の内野ゴロの間に三塁走者が生還し1点を還す
【広島カープ】菊池涼介「今日はイシちゃんでしょ」
<巨人4-5広島>◇17日◇リブワーク藤崎台 広島菊池涼介内野手が9回に同点打を放つなど、1本塁打含む2安打2打点でけん引した。 2点を追う3回には巨人先発高橋のスライダーを振り抜き、反撃の1発を左翼席にたたき込んだ。2点差から1点差とした9回2死三塁からは守護神クック
【広島カープ】誠也が送る小園へのアドバイス
 前日3月31日に一軍選手登録を抹消された広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手(18)に、主砲・鈴木誠也内野手(24)がエールを送った。  鈴木は背番号51の後輩でもある小園について「高卒としてはすごいと思います。僕(の1年目)とは比べ物にならないんじゃないですか」とした上で「僕は高校の時は楽しくやっていて(バットを)振り回すだけだったん
【広島カープ】石原ベテランの一打で巨人に勝利!
 「巨人4-5広島」(17日、リブワーク藤崎台球場)  広島が執念の逆転勝ち。連敗を2で止め、6カード連続負け越しを免れた。  逆転の広島は健在だった。2点を追う九回、巨人の守護神クックを攻め、連打で無死一、三塁。一ゴロの間に1点を返し、なお2死三塁の好機で菊池涼が右越え
【広島カープ】1軍での出番を待つ,中村佑太の今
 3月中旬にウエスタン・リーグが開幕し、カープの若手投手陣が好スタートをきった。先発ローテには薮田、アドゥワら1軍実績がある投手が顔を並べ、競争はハイレベルだ。昨季3勝を挙げた中村祐太投手(23)も3月23日のオリックス戦で6回3安打1失点と好投。1軍返り咲きへアピールした。  「今すごく状態が上がっている。ブルペンで意識していることが試合に出せてい
【広島カープ】悪循環の打線,5番打者の起用が問題か
 セ・リーグ3連覇中の広島が4勝11敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。  得点力不足は5番の不振も影響している。松山、安部、バティスタが務める先発5番打者は打率1割9分2厘、2本塁打、5打点と低調。3番だった丸が抜けた上に5番が不振で、4番・鈴木へのマーク
【広島カープ】底が見えないカープ,まさかの小園1軍起用も?
 王者が迷路に迷い込んでいる。  広島は11日のヤクルト戦も敗れ、マツダスタジアムで2015年6月以来となる3年ぶりの同一カード3連敗となった。先発した岡田が1回3分の0を6四球の大乱調で6失点KO。二回に4連続四球となる押し出し四球を与えた際には、スタジアムのファンからヤジが飛んだ。緒方監督は「今のままでは投げさせられない」と岡田の二軍降格を
【広島カープ】三連覇の影もないカープ,低迷の原因を他球団の選手が見たら・・・
 セ・リーグ3連覇中の広島が4勝11敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。セの他球団の選手らからは、引退した新井氏の穴や、投手力の低下を指摘する声が上がった。  セ各球団の選手らに広島低迷の要因を聞いた。
【広島カープ】3連覇したカープは何処へ消えたのか
<DeNA4-2広島>◇14日◇横浜 あの強かったカープはどこに行ったのか。広島がDeNAに逆転負けし、球団史上初の開幕5カード連続負け越しとなった。打線が機能せず、得点は鈴木の6号ソロとパスボールによる2点のみ。投げては先発九里が4回でKOされ、セットアッパーのフランスアがソトにダメ押しソロを浴びた。ここまで連勝は1度もなし。王者が最下位脱出
【広島カープ】どん底カープ,良くなる兆しはみえてくるのか
広島の緒方孝市監督は改めて「1つ1つやるだけ。それしかない」と平常心の大切さを強調した。ここまで連勝は1度もなく、勝率2割6分7厘、45得点、80失点、19失策、チーム打率2割1分2厘はいずれもリーグワースト。 それでも、苦しい戦いになることは当初から想定済み。相手に応じて打線を組み替えながら、復調
【広島カープ】広島低迷の裏に新井ロスがある?
 セ・リーグ3連覇中の広島が予想外の苦戦を続けている。  14日のDeNA戦に敗れ、このカードも負け越し。開幕以来5カード連続の負け越しは球団ワースト、早くも「V率0%」と不吉なデータまでが取り上げられている。  オープン戦は8勝4敗4分けで首位。迎えた開幕の巨人初戦では、大瀬良大地が巨人・
【広島カープ】張本氏が感じた,カープ低迷の原因
 野球評論家の張本勲氏(78)が14日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。セ・リーグ4連覇を狙う広島が苦戦していることに見解を示した。  張本氏は「ちょっとセ・リーグは予想を反してますね。広島がこんなに悪いとは思いませんでした」と3連覇中の王者の苦戦に驚いた様子。理由については「丸が抜けたのがちょ